KITi&zメダルゲームブログ@雑多

いろんなのがごちゃまぜになったブログ。

【感謝】星1つ

いやーありがたい。

何気皆さんトランプゲーム好きなんすね。 

【雑記】SIGMA GAME INC.

面白いですよ。

出るタイミングが一切わからんあの感じ。
ダブルのリズム。

うーん最高・・・。 

【トランプ】No.6 ダブルビットユーカーver.2

人数
3~5人

使うカード
1セット52枚

目的
ビットをしてトリックを多く取ったり、一切取らないこと。

基本
トリックテイキング
いつものですね。
スートだと
切札>リードのスート>その他
ランクは
A>K>Q>J>10...3>2

トリックの数とポイント計算
宣言者が取ったトリックに応じてポイントが移動します。
0トリック...自分が(1×ダブルナンバー)点獲得
1,2トリック...自分が(2×ダブルナンバー)点マイナス
3トリック...自分が(1×ダブルナンバー)点獲得
4トリック...自分が(2×ダブルナンバー)点獲得
5トリック...自分が(5×ダブルナンバー)点獲得か、ダブルゲームに挑戦。
ダブルナンバーとダブルゲームは後述。

ゲーム開始! 
1.まず親を決めます。
 一人ずつカードを引いて一番強いカードを引いた人が親です。
 まずはランクを比べます。
 スートはスペード>ハート>ダイヤ>クラブです。

2.親からカードを3枚ずつ配ります。
 そして余ったカードの一番上を引きます。
 そのカードのスートが切札です。

3.親から左回りでビット(宣言)をします。

 ビット
 勝てる見込みがあれば「ビット」を宣言です。
 微妙ならパスを宣言。
 先にビットされても、大丈夫。
 「ビット」の前にダブル、後に「ツー」をつけて「ダブルビット2」宣言をすることができます。
 このビットの「2」の部分がダブルナンバーとなります
 いいや、自分の方が勝てる。と思えば「ダブルビット3」を宣言しちゃいましょう。
 こうしてもっとダブルナンバーを吊り上げることができます。
 ただし、ダブルビット5が最高のビットです。
 そして、ビットの時は最後にビットされたダブルナンバーよりも多いダブルナンバーを、
 1だけ大きい数をダブルナンバーにしなければなりません。
 誰かのビットに対し、全員がパスすればトリックテイキングゲームスタートです。

4.ビットした人のトリック数に応じてポイントが動きます。

 ダブルゲーム
 
5トリックすべて取れた時に挑戦できるゲームです。
 全員に1枚ずつカードを伏せて配ってビットした人の左隣と右隣の人はカードをオープンします。
 ビットした人は自分の一番強いか一番弱いか予想します。
 予想が当たれば(5×ダブルナンバー×人数)点獲得。
 外れたら(5×ダブルナンバー×人数)点マイナス。

5.何回かやって得点の一番高い人から順位をつけます。

【雑記】物を書くということ

ずいぶん難しいものだよ。
構成を頭で考えて、それを書き起こしたらクソ長くなって、んで結局挫折する。
その時の小説を消す時のその内容にドキドキするって
閲覧者泣かしだせ!

これを知る人はそんなにいないと思うけど俺は読み物書いてた時があってだね、
LSPCの人とは思えないよね。 

ちなみに例のフラッシュ動きが細かくてすぐブラウザバックしました(半ギレ)
フラッシュあんのに薄い本ないとかこの世界おかしい・・・
冬コミ期待

【トランプ】No.7 プラチナカード

人数
3~5人 3人がベスト。

使うカード
3,5人:各スートの2,9,10,J,Q,K,A、黒の8
4人:各スートの2,8,9,10,J,Q,K,A


目的
スペードのAを持っている人はばれないようにポイントを獲得する。
信じることが勝利の近道。

基本
トリックテイキング
トリックテイキングです。切札、マストフォロー。

カードの強さ
スペードのA(プラチナカード)>スペードのJ>リードのスートのJ>トリックで最初に出されたJ>スペードのK>スペードのQ...スペードの2>リードのスートのA>リードのスートのK>リードのスートのQ>リードのスートの10...リードのスートの2>その他

カードのポイント
J,Q,K 1点
2 2点

ゲーム開始!
1.全員に均等にカードを配ります。

2.カードの交換です。好きなカードを左の人に3枚渡します。
 ただし、スペードのAは渡せません。 

3.スペードのAを持っている人は裏切り者です。
 1人でポイントカードを取らなければなりません。
 ですが、ポイント加算にボーナスがありますし、
 他の人は自分がスペードのAを出さない限り裏切り者とはわかりません。
 その他の人はゴニンカンにならって無関係と呼びます。

4.クラブの8からゲーム開始です。

5.ポイント精算をします。 
 ゲームが終わった時には誰が裏切り者かわかっています。
 裏切り者1人のポイントと他の人の合計ポイントを比べて、多い方がポイント獲得です。
 無関係は10からの差額分のポイントを得ることができます。
 例)無関係14ポイント。無関係全員が4点ずつ獲得。

 裏切り者が勝った場合、(10からの差額×人数)のポイントを得ることができます。
 例)裏切り13ポイント、人数3人、裏切り9点獲得。

 特別な勝ち方
 もし、裏切り者が0ポイントで終わった場合、裏切り者は(12×人数)のポイント獲得です。
 無関係は0点です。 
ブログ内をさがす?
アクセスカウンター
  • 累計: