KITi&zメダルゲームブログ@雑多

いろんなのがごちゃまぜになったブログ。 メダルゲームは主にキッズメダルです(無能)

【解析】ガンガンバリバリ王【完了】

おまたせしました。

このゲームはフリーゲームがほとんど来ないです。
つまり・・・

このゲームは放出期がないです。


ですが、回収期もないです。

そう、完全な完全のP/O制御です。(?)

200枚突っ込んだら成仏箱(神輿)184が落ちると言ったところでしょうか。

増えませんが即死もしないです。

稼ぎたい人は誰かがプレイした後にプレイ! 

【考察】なぜ連射は成功したか

連射人気の秘密
1.子供機にしては馬鹿でかすぎる配当
2.ノンストップなゲーム運び
3.破壊力抜群のボーナスゲーム
4.直接見えるHPを採用
5.大逆転可能なシステム



1.夢を追い求め撃沈
2.いつの間にかメダルは0に
3.期待を裏切るボーナスUFO
4.抽象的で完全じゃない
5.最後の希望は致命傷

とりあえず賢明にプレイしろってことです 

【自語】ツインズショットの安定感

フレア、ブリザード、ゴールド、プラチナ。
そう、昭和技研のツインズショットです。

私はこいつらをどうプレイしてるかを紹介します。

1.250枚引き出す。
 なぜ250かっていうと、あの人の影響です・・・

2.溜め内を一発。

3.だいたい奥が空くから7球ぐらいを奥に打つ。

4.適当に1発ずつ打つ。

5.空きが少なくなったら力加減に気をつけて7球ぐらい打つ。

6.なかなか入らないから溜め打ちしちゃう。

7.最後のポケットにIN。まぁまぁの枚数を消費する。

8.「オールライン完成、おめでとうございます!」
 SPが当たる。

9A.よっしゃ!+???枚!

9B.^^; -??枚・・・。

まぁ7割ぐらいで勝ってるんで負ける気がしないです。

(1周年ありがとうござます。)

【場外】主観的なDr.マリオ


弱いとか言ってるやつ真ん中来いよオララァ!

1.マリオのパワータイプ
バランスの取れたマリオ。しかし、バースト手段は他のファイターと比べて多くはない。
それはドクターマリオでもほぼ同じといえるだろう。
しかし、バーストラインが違う。
終点、崖、クッパ、ホールドなしで倒そうとすると、
マリオの場合、ファイア掌底(炎)で84%。
だが、ドクターマリオの場合は、心臓マッサージ(密着)で75%。
ベクトル調整をすればもう少しバーストラインは上がる。
だが、9%の差は僅かだが早期の撃墜を狙いやすいのではないだろうか。

2.汎用性の高いドクタートルネード
マリオのポンプ。攻撃性能はないが、様々な場面で役に立つ。
しかし、ドクターマリオのドクタートルネードも多くの場面で力を発揮できる。
敵への奇襲。空中での追撃。上昇&横移動での復帰。コンボのフィニッシュ。
様々な場面で役に立つ。
何よりこのワザがいつでも出せるのが魅力。

3.狂気のドクターグーパンチ
空中前攻撃のドクターグーパンチ。
マリオと違い、メテオがないため不便と思う人もいるかもしれない。
しかし、もっと驚くべき力を持っている。
狂気的なふっとばし力だ。
マリオと同じように使ってみよう。敵は下に落ちずに横にふっとんでいく。
脅威的な速さで。
地上でも小ジャンプから混戦への乱入ができる。

4.優秀な対応策
これだけのパワーを持ちつつ、飛び道具の反射も出来てしまう。
強力な反射からのグーパンチ。有用だと言えるだろう。



(ロボットが地味にバランスタイプなのは秘密)
 

【トランプ】No.10 セブンストランプ

人数
3~6までだが、4人程がいい。

使用カード
ジョーカーを抜いた52枚

目的
変わる切り札を有効活用しポイントをゲットする。

基本
トリックテイキングゲーム
マストフォロー、切り札。

ポイント計算
1トリック・・・2点
ボーナススート1枚・1点

サクリファイス
こじつけルールです。カードを配った後、スペードのQを持っている人だけ宣言できます。
カードを公開してゲームしますが、そのゲームは得点2倍です。破壊力抜群。

ゲーム開始!
1.コミュニティカードを配ります。
 場に7枚カードを配りますが、1.3.5.7枚目は裏、2.4.6枚目は表です。
 ■□■□■□■のように。

2.参加者に7枚カードを配ります。

3.最初のトリックゲームは、最弱カードを持っている人からです。
 2<3<4...K<A。同ランクなら、クラブ<ダイヤ<ハート<スペード。

4.1つのトリックゲームが終わったらコミュニティカードの一番上のカードをオープン。
 次のトリックゲームはそのカードのスートが切り札です。 

5.最後のトリックゲームが終わった後、残ったコミュニティカードがボーナススートです。

6.得点計算をします。

7.2回ゲームをして得点の高い人が勝利。
ブログ内をさがす?
アクセスカウンター
  • 累計: