KITi&zメダルゲームブログ@雑多

いろんなのがごちゃまぜになったブログ。 メダルゲームは主にキッズメダルです(無能)

2017年10月

【遊戯】釣りスピリッツの罠

一時期猛威を振るったゲームである、釣りスピリッツ。
今でもその人気は落ちることを知らない。
だが、私はこれについて思っていることがある。


これメダル・・・増やせんの?


メダルの増える要素があまり見当たらないのだが・・・。
このゲームについては詳しくないのですが、普通にやってて、「増えたぁ!」ってことがないんですよね。
もちろん、100枚とか、そこら辺の当たりもあるんですけど・・・
100って少なくね?

ゆっくりメダルが吸われて最終的に0になる・・・
そんなパターンがかなり多い気がします。

一応攻略・・・ですが・・・
出る台に座れ。としか言い様がありません。

恐らく、こいつはある台以外からメダルを吸って、そのある台で一気に出すタイプだと思うんです。



でも、メダルゲームって突き詰めると、「遊戯」なわけですよね。
簡単に、釣りのような体験が出来る。
それでいて釣れたらうれしい。
ゲームってこういうものですよね。

最も、「うれしさ」につけこんで、メダルを回収するゲームですが。

【技術】プッシャー衰退の裏側

以前、プッシャーが衰退してるって記事を書いたんですけど、
プッシャーがメダルゲームに与えているものを見つけたんですね。
それが、アクション性です。

メダルを投入口から入れるっていう行動がアクション性を生んでいたと思うんです。
ボタンを連打したって、竿のリールを回したって、
結果は決まっているんです。 
一方、プッシャーのメダルは現実の物理的な動きで動いています(?)。
それは、ペニーフォールやら、ミリオンフィーバーからのこと。

メダルゲームがだんだん「作業」になっていく。
ゲームは「ゲーム」でないといけないと思うんですよねぇ。 
ブログ内をさがす?
アクセスカウンター
  • 累計: